中医アロマ おうちセラピスト アドバンスコース

おうちセラピストコースからステップアップ!

中国で古代より伝わる伝統医学の考え方をもとに、体質や症状に合ったエッセンシャルオイルを選び、それを使って、ツボや経絡(ツボとツボを結ぶライン)をやさしく刺激し、人間に本来備わった自然治癒力を蘇らせ、心身の健康を取り戻すトリートメント方法です。

中医アロマセラピーでは、通常のアロマセラピーに用いるエッセンシャルオイル(精油)を生薬理論に基づいて分類し、中医学的な体質や症状にあわせて3〜4種類を選んで使用します。
ご自身やご家族のお疲れやちょっとした不調を、中医学とアロマセラピーで予防・改善して、健康に美しく年齢を重ねていきましょう!

なぜ中医学とアロマ?

  • 中医学的診断を用いる〜四診(望・聞・問・切)⇒弁証論治(体質の見立て)症状を超えた見解が可能〜水面下に潜むバランスの乱れやその原因を探る
    ホリスティック!(=整体観) 精神面のアプローチが可能〜香りの働き
  • 生薬理論に基づいたオイル選び中医学で処方される生薬には、精油を抽出する植物も多い
    シナモン・ジンジャー・ミントなど
  • 経絡・経穴を取り入れたアロマオイルトリートメント・芳香浴・アロマバスなど

中医アロマセラピーによる精油選び

陰陽学説

 

 

陰の性質:冷やす・夜・女性・リラックス・鎮静 
⇒ 陰を補うオイル…ゼラニウム・ローズウッドなど



陽の性質:温める・昼・男性・リフレッシュ・活動 
⇒ 陽を補うオイル…シナモン・ジンジャーなど

五行学説&五臓六腑弁証


いますぐ受講されたい方は
受講申し込み
↑ このページのトップへ